デフトーンズ「恋の予感」バンド史上初の日本語タイトル(2012年作品)

デフトーンズ「Koi No Yokan」バンド史上初の日本語「恋の予感」(2012年作品)

デフトーンズ「恋の予感」バンド史上初の日本語タイトル(2012年作品)

デフトーンズ(Deftones)バンド史上初の日本語で名付けられたアルバム「Koi No Yokan」です。つまりは「恋の予感」ということですね。2012年作品。2010年の前作「Diamond Eyes」より2年ぶりのアルバム。

2013年は、Crosses、Palmsなど、デフトーンズ以外のプロジェクトでも勢力的な活動を見せるヴォーカリストのチノ・モレノですが、この2012年の「Koi No Yokan」では、スロウで、ダーク・メロディアスな楽曲が盛りだくさんです。

過去の曲でいえば、「Diamond Eyes」や「Minerva」のようなスローバラードテイストな楽曲が多いです。アルバムとしては、2003年の「Deftones」に似ています。

逆に、「Head Up」や「Hexagram」のようにアグレッシブな楽曲はありません。1998年の「Around The Fur」好きにはオススメできないかもしれないですね。

ゴリゴリ感は薄めのアルバムですが、楽曲はデフトーンズらしいエグいギターサウンドが炸裂です。スローな曲も大好きなヘヴィロック好きの方は、かなり気に入るアルバムだと思いますよ。

Tracklist

01 Swerve City
02 Romantic Dreams
03 Leathers
04 Poltergeist
05 Entombed
06 Graphic Nature
07 Tempest
08 Gauze
09 Rosemary
10 Goon Squad
11 What Happened To You?

Deftones - Swerve City

Deftones - Romantic Dreams

Deftones - Leathers

Deftones - Entombed

Deftones - Gauze

Deftones - Rosemary

Deftones - Goon Squad

Deftones - What Happened To You?

Deftones - Koi No Yokan [FULL ALBUM]