エモ・スクリーモ名盤中の名盤 Finch『What It Is To Burn』(2002年作品)

エモ・スクリーモ名盤中の名盤 Finch『What It Is To Burn』(2002年作品)

エモ・スクリーモにおける名盤中の名盤として知られるフィンチ (Finch) の2002年発表のデビューアルバム『What It Is To Burn』

フィンチの代表曲となったアンセム「Letters To You」、そして「What It Is To Burn」を収録。この2曲のみならず収録曲全てがエモファンに絶大な人気を誇る、あまりに有名すぎる良盤。エモすぎるジャケット・アートワークも有名です!

『What It Is To Burn』リリース10周年ツアーで再結成

エモ・スクリーモ名盤中の名盤 Finch『What It Is To Burn』(2002年作品)
©Amazon

『What It Is To Burn』リリース10周年でワールドツアーを行うために再結成し、今年2014年2月には、日本でもジャパンツアーとして来日公演も行ってくれた!

もはや奇跡としか言いよう程カッコいいイントロのオープニング・トラック「New Beginnings」もオススメです。

そして長編バラードのクロージング・トラック「Ender」も素晴らしいセンス。シンプルなメロディーにコベリ付くネイト・バーカロウ(Nate Barcalow)のヴォーカルは本当にヤミツキ。すべてのエモ好きにオススメできる最高のアルバムです。

Tracklist

1. New Beginnings
2. Letter To You
3. Post Script
4. Grey Matter
5. Perfection Through Silence
6. Awake
7. Without You Here
8. Stay With Me
9. Project Mayhem
10. Untitled
11. Three Simple Words
12. Ender
13. What It Is To Burn

Finch - What It Is To Burn (AOL Sessions)

Finch - What it is to Burn (Live)

Finch - Grey Matter (Live)

Finch - Ender (Live)