Flying Lotus / Until The Quiet Comes (2012)

Flying Lotus / Until The Quiet Comes (2012)

昨今のビート・ミュージックと呼ばれる音楽シーンムーブメントの立役者であり、クラーク(Clark)らと併せてワープレコーズ新世代と称されたご存知 Brainfeeder の総帥フライング・ロータス(Flying Lotus)ことスティーヴ・エリソン。Warp Records のアーティストはもちろん、僕の大好きなドリアン・コンセプト(Dorian Concept)とも共にツアーを回るなど世界中にファンを持つビート・メーカー。アブストラクト・ヒップホップと呼ばれる、エレクトロニカ要素にヒップホップのビートを混ぜ込んだ中毒性の高いトラックが、フライング・ロータスの魅力。

Until The Quiet Comes

今作『Until The Quiet Comes(アンティル・ザ・クワイエット・カムズ)』は、2012年に発売された通算4枚目のフルアルバム。ゲストとして前作に続きレディオヘッドのトム・ヨーク(Thom Yorke)、ジャズ・ベーシストのサンダーキャット(Thundercat)、R&Bシンガーのエリカ・バドゥ(Erykah Badu)などが参加。

アルバム名でもある収録曲「Until The Quiet Comes」のMVは、血みどろのショートフィルム仕立てで公開され話題を呼んだ。この「Until The Quiet Comes」のMVに比喩されるように、アルバム本編も前作『Cosmogramma』や『Los Angeles』よりも一気にダークで、かつメロディアスで官能的なトラックで構成されている。これがまたとても素晴らしい世界観。ホラー映画のような闇に漂う血液ような美しいトラックは、本当に圧倒的に心地よいです。

名盤の2ndアルバム『Los Angeles』 と迷うけど、僕はこのアルバムが一番好きかな。僕個人的には7曲目「Sultan’s Request」〜10曲目「Until the Quiet Comes」までの流れと、おしゃれすぎるジャズナンバー「Only If You Wanna」が大好き。

Tracklist

1. All In
2. Getting There feat. Niki Randa
3. Until the Colours Come
4. Heave(n)
5. Tiny Tortures
6. All the Secrets
7. Sultan’s Request
8. Putty Boy Strut
9. See Thru to U feat. Erykah Badu
10. Until the Quiet Comes
11. DMT Song feat. Thundercat
12. The Nightcaller
13. Only if You Wanna
14. Electric Candyman feat. Thom Yorke
15. Hunger feat. Niki Randa
16. Phantasm feat. Laura Darlington
17. me Yesterday//Corded
18. Dream to Me
19. The Things You Left [Bonus Track for Japan]

Flying Lotus / Until The Quiet Comes (2012)
©Warp Records - Flying Lotus / Until The Quiet Comes (2012)

 

Flying Lotus - Sultan's Request

Flying Lotus - Phantasm feat. Laura Darlington