Lostprophets オシャレでヘヴィでエモいデビュー作『The Fake Sound Of Progress』(2000年作品)

Lostprophets / The Fake Sound Of Progress (2000)

Lostprophets オシャレでヘヴィでエモいデビュー作『The Fake Sound Of Progress』(2000年作品)

Lostprophets - The Fake Sound Of Progress (2000)

ぼくが大学1年の頃からずっと変わらずにこの世で最も好きなバンド Lostprophets (ロストプロフェッツ)の傑作すぎる最高のデビューアルバム『The Fake Sound Of Progress (ザ・フェイク・サウンド・オブ・プログレス)』です。このアルバムからは、不朽の名曲『Shinovi Vs Dragon Ninja』『The Fake Sound Of Progress』の2曲をシングルとしてリリース。『Shinovi Vs Dragon Ninja』『The Fake Sound Of Progress』の2曲以外にも『Kobrakai』『For Sure』『Awkward』『Ode To Summer』が僕のオススメの曲です。『For Sure』のイントロや『Ode To Summer』のサビのエモさったら鳥肌ものです!『Kobrakai』『Awkward』は、ヘヴィロックとしてめっちゃカッコいい!

曲と曲の間のオシャレなヒップホップやブレイクビートテイストのチルアウトがまたセンスを感じます。この『The Fake Sound Of Progress』とセカンドの『Start Something』の頃のロストプロフェッツは、まだかなりストリート色の強いバンドでした。ファッションもかなりパンクキッズやストリート系。UKウェールズ出身の彼らは、デビュー早々で新人賞総ナメ!若い!新人!っていうノリノリの売れっ子バンド。

高校2年のころにCDを買ってからというもの、ずっとiPodで再生しまくり。この世で最も好きなアルバム1位は、この『The Fake Sound Of Progress』か2006年のサードアルバム『Liberation Transmission』でいつも迷っている。

Lostprophets - Shinovi Vs Dragon Ninja

Lostprophets - The Fake Sound Of Progress