Ovall - DON'T CARE WHO KNOWS THAT | 世界水準の都会的おしゃれを届ける日本のヒップホップ (2010)

Ovall - DON'T CARE WHO KNOWS THAT | 世界水準の都会的おしゃれを届ける日本のヒップホップ (2010)

Ovall - DON'T CARE WHO KNOWS THAT | 世界水準の都会的おしゃれを届ける日本のヒップホップ (2010)

Shingo Suzukiによるバンド、Ovall(オーバル)の1stアルバム「DON'T CARE WHO KNOWS THAT」。

メンバーは、Shingo Suzuki(B, Key)、mabanua(Dr)、関口シンゴ(G)の3人。

この「DON'T CARE WHO KNOWS THAT」からのリードトラック「Supalover」は、人気フレンチヒップホップクルーのHocus Pocus(ホーカス・ポーカス)のラッパー David Le Deunff を客演に迎える豪華な楽曲。トラックメイカーとしてすでに世界でヒットを成功させたShingo Suzukiならではの豪華客演陣参加のアルバムです。日本のヒップホップで1stでここまで完成度の高いのはホントすごい。

Shingo Suzukiが得意なメロウ系アングラヒップホップを中心に、ジャズ、ファンクなどお洒落好きをうならせるバンドならではの極上トラックが最高。「Supalover」のほかにも「UNITY」「Take U To Somewhere」「I Need Your Music feat. Hanah」はおすすめのトラックです。朝、「UNITY」のイントロを聴くのが最高に気持ちいいです。

収録曲

1. Take U to Somewhere
2. Mary (Flying Beats)
3. I Need Your Music feat. Hanah
4. Supalover feat. 20syl and David Le Deunff of Hocus Pocus
5. Meaning of Love
6. The Skin I’m in feat. Wayna and Kenn Starr
7. We been feat. Ol’ K
8. Secret Time
9. Still on The Road feat. JO’LEON DAVENUE
10. La Flamme
11. UNITY
12. Mind Games(DONE) feat. Nicholas Ryan Gant
13. Shadows & Lights (Surrealist)
14. Still on The Road (a.z Remix)

Ovall - Supalover feat. 20syl and David Le Deunff of Hocus Pocus