チェロが印象的な邦エモバンドreach up to the universe『EP』(2006年作品)

チェロが印象的な邦エモバンドreach up to the universe『EP』(2006年作品)

チェロが印象的な邦エモバンドreach up to the universe『EP』(2006年作品)日本人エモバンドreach up to the universeのセルフタイトルEP『reach up to the universe EP』です。reach up to the universe(読み方:リーチ・アップ・トゥ・ザ・ユニバース)の特徴は、メンバーにチェロが存在すること。高橋淳子さんという女性チェリストが常駐するって、すごい。チェロ奏者がメンバーに在籍しているエモバンドってかなり珍しいですもんね。エモという美しい音楽にさらに、チェロが合わさってとても美しい音楽に。

チェロが印象的な邦エモバンドreach up to the universe『EP』(2006年作品)

reach up to the universe EP

この『reach up to the universe EP』は、僕が大学1年のときで、リアルタイムに聴いていました。「Too Small To Recognize (Album ver.)」という曲は当時めっちゃハマっていました。日本人離れしたとても綺麗なイントロで惚れてしまいました...。のちに解散(2009年)と聞き、残念だなと思っていました。

歌詞は全編英語で、このころは当初がアメリカ人のスティーヴさんがボーカルを務めていました。この『reach up to the universe EP』収録の「Reasons」のミュージックビデオで観れます。イケメンです。

reach up to the universe - Reasons

チェロが印象的な邦エモバンドreach up to the universe『EP』(2006年作品) チェロが印象的な邦エモバンドreach up to the universe『EP』(2006年作品) チェロが印象的な邦エモバンドreach up to the universe『EP』(2006年作品) チェロが印象的な邦エモバンドreach up to the universe『EP』(2006年作品)