Say Anything - ..Is A Real Boy (2006)

Say Anything / ..Is A Real Boy | 異色エモの先駆者 (2006)

Say Anything - ..Is A Real Boy (2006)

Say Anything - ..Is A Real Boy (2006)

エモというジャンル自体、結局決まったカタチが存在しない曖昧な音楽なのだけど、このSay Anythingというバンドは早くからひと味違ったエモサウンドをやっていました。

自由な楽曲構成。客を楽しませるバラエティに富んだサウンド。エレクトリックピアノやパーカッションのような打ち込みサウンドを巧みに混ぜ込んで構成される独特な楽曲。さらにえぐるように感情的に歌い上げるボーカルがさらにキツいスパイスのように存在感を持っています。

この「..Is A Real Boy」はエモの歴史においても名盤とされる有名なアルバムで、Say Anythingの他のアルバムと比べれば「..Is A Real Boy」は聴きやすい方です。静と動の作り方が上手いな〜ていつも聴いてて思います。エモという音楽において静と動というのは重要ですもんね。

とりあえず聴いてみないとわかんない、そんなバンドです。メロディーはわかりやすいのでエモ好きならきっと誰でも好きなはずのアルバムですよ。

Say Anything - Wow, I Can Get Sexual Too

Say Anything - Alive With The Glory Of Love

Say Anything - Every Man Has A Molly

Say Anything - I Want To Know Your Plans

Say Anything - Slowly, Through a Vector

Say Anything - The Futile