Scribe  Copy and paste anything from your Mac to your iPhone  without Wi Fi Icon

Scribe「Command + Shift + X」でMacからiPhoneになんでもコピペするアプリ

Scribe: Copy and paste anything from your Mac to your iPhone, without Wi-Fi

Mac から iPhone へ瞬時になんでもコピペするシンプルなアプリ「Scribe」のご紹介です。MacApp と iOS App の両方をインストールして連携して使うアプリです。

Scribe  Copy and paste anything from your Mac to your iPhone  without Wi Fi Icon

Copy and paste anything from your Mac to your iPhone, without Wi-Fi

アプリのキャッチコピーにありますが、「Wi-Fi 不要で、お使いの Mac から iPhone になんでもコピペする」のがこのアプリの機能。なんとBluetooth™のみを使います。とてもシンプルな機能をもつアプリです。

Scribe: Copy and paste anything from your Mac to your iPhone, without Wi-Fi 
http://usescribe.com/

「Command + Shift + X」であらゆるものをデバイス側にコピー

Scribe: Copy and paste anything from your Mac to your iPhone, without Wi-Fi まず、「MacからiPhoneにコピーする」とはどういうことか。

なんだか凄そうな響きですが、思っているよりとてもシンプルな機能です。

Macでなにか文字列やキーワードを選択しているときに、Scribe専用のコマンドでコピーすると、iPhoneなどのデバイス側に記憶させることができるのです。

Scribe  Copy and paste anything from your Mac to your iPhone  without Wi Fi

Scribe専用のコマンドというのが 「Command + Shift + X」です。普段のコピーと同じく、Macでなにか文字列やキーワードを選択した状態で 「Command + Shift + X」を押します。

Scribe の設定と使い方すると不思議なことに、iOS側の「Scribe」アプリにコピペされ、いつでも確認できるというわけです。外出前のちょっとしたメモに活用できそうですね。

Bluetooth™ 経由なのでネット環境が不要

Scribe  Copy and paste anything from your Mac to your iPhone  without Wi Fi1

Mac と iPhone との同期は、じつは Bluetooth™ 経由なのだそうです。なのでネット環境の無いオフライン状態でも Scribe はデバイスに同期されます。この気遣いが革命的に役に立つ知れませんね。消費電力が少量というのも良いですね。

Scribe の良いところ

  1. 1.Bluetooth™なので高速
  2. 2.オフラインでも機能
  3. 3.「ペースト」が不要
  4. 4.文字を打つ時間も省略できる
  5. 5.デザインがおしゃれ

ショートカットキー「Command + Shift + X」にさえ慣れれば、ペーストや文字を打つ手間も時間も省けていいですね。地味に役立つかもしれませんね。

Scribe の設定と使い方

Scribe: Copy and paste anything from your Mac to your iPhone, without Wi-Fi

1.Mac と iPhone を Bluetooth™ペアリング

BluetoothでiPhoneとMacがペアリングできないときのヘルプScribe のダウンロードよりもまずは、最初にBluetooth™によるMacとiPhoneのペアリングが必要です。Scribe は、Bluetooth™ のみで動作します。

Bluetooth™でiPhoneとMacがペアリングできないときのヘルプ

→ BluetoothでiPhoneとMacがペアリングできないときのヘルプ

【Mac】あれ?MacとiPhoneでBluetoothが繋がらない?と思ったら。 | For Content Creator 

2.アプリを Mac と iPhone にそれぞれインストール

Scribe  Copy and paste anything from your Mac to your iPhone  without Wi Fi Icon

Scribe (for Mac) → MacApp Store
Scribe (for iOS) → iTunes Store

3.Mac、デバイスでそれぞれ Scribe を起動する

アプリのインストールが終わったら、Mac、iPhoneそれぞれで早速、Scribeを起動します。

Macで Scribe を起動するには、なんでもいいので何かを「Command + Shift + X」でコピペします。すると、Scribeのスタート画面が立ち上がります。

Scribe: Copy and paste anything from your Mac to your iPhone, without Wi-Fi

この時、上手く Bluetooth™ でiPhoneとペアリングできていれば、Mac側に、このようなメッセージが表示されます。

【Mac】あれ?MacとiPhoneでBluetoothが繋がらない?と思ったら。 | For Content Creator

4.iPhone側で承認し、Macと同期させる

Scribe の設定と使い方

iPhone側の Scribe の画面にも変化があると思います。画面をスライドさせて Scribe での接続を始めます。

次の画面で、Macとの「LINK」を押して同期を承認します。これで設定は完了です。

5.使ってみよう。

Scribe の設定と使い方

これで設定は完了ですので、試しにMacで何かを「Command + Shift + X」でコピペしてみます。

例えば、URLを「Command + Shift + X」でコピペしてみます。

Scribe の設定と使い方

早い!!

通知してくれます。Bluetooth™なので一瞬で同期されます。

Scribe の設定と使い方

Mac側で「Command + Shift + X」でコピペしたものは、
すべてiPhone側のホーム画面にリスト表示されていきます。

Scribe の設定と使い方

タップして詳細表示したときはこんな感じ。

ここから「コピー」「メール送信」「Safariで開く」などの展開もできます。めちゃくちゃ便利ですね。iPhoneで、頻繁にアクセスするウェブサイトなどのメモに大活躍です。

Scribe: Copy and paste anything from your Mac to your iPhone, without Wi-Fi

最初にScribeを閉じる前に聞かれるこの質問。
「Yes」にしておけば「ログイン時に開く」ようになります。

ダウンロードはこちら

Scribe (for Mac) → MacApp Store
Scribe (for iOS) → iTunes Store

デベロッパーサイト

http://usescribe.com/