サイト内のURL一覧を取得したいときに役立つWEBサービスやサイト Sucuri SiteCheck

サイトマップや発リンク一覧を取得したいときに役立つサービス Sucuri SiteCheck

サイト内のURL一覧を取得したいときに役立つWEBサービスやサイト Sucuri SiteCheck

「サイト内のURL一覧」をエクセル(Excel)にまとめてほしい!なんてときありませんか。たまにありますよね。いちいちURLをコピーして貼付けるのは気が遠くなる作業ます。一気にまとめて書き出せるようにどうにか効率化したいもの。そこで今回は、サイト内のURL一覧を取得したいときに役立つサービス Sucuri SiteCheck という無料のセキュリティチェックサイトをご紹介します。

Sucuri SiteCheck
http://sitecheck.sucuri.net/

Sucuri SiteCheck

http://sitecheck.sucuri.net/

Sucuri の特徴
1. そのURLからのリンクのみ対象
2. そもそもはスキャンソフトです
3. スピードも早いしサイトも使いやすい。スキャン結果が詳しい。
4. 英語のみ
5. 無料(有料サービスもあり)

結論これがベストでした!ぼくは実際にめっちゃ使ってます。本当にいつも助かってます。重宝しています。海外のサイトなので英語なのですが、直感で分かるので簡単に扱えます。

「リンク(内部)のみ」という限界はありますが、それが逆に助かります。余計なURLまで(例えば画像パスとか)引っ張ってこなくていいですからね。ブログや、小・中規模のサイト。そうでなくてもサイトマップをしっかり作っているサイトなら、この「Sucuri SiteCheck」で問題なくURLを取得できるでしょう。

WordPressなど動的なURLを吐き出すサイトでも問題なくURLがスキャンできましたよ。

1.URLをスキャンする

サイト内のURL一覧を取得したいときに役立つWEBサービスやサイト

「スキャン」して表示される発リンク一覧をゲットするのが今回のねらいです。まずは、サイトのURLを入力して「SCAN WEBSITE」ボタンをクリックします。

ここがポイント
ここで入力するURLは、なるべくサイト内部リンクが充実しているページにしましょう。
例えば、サイトに「サイトマップ」ページを用意しておけばそのサイトマップのURLをスキャンした方が、サイト内のURLを多くゲットできますよね。サイトマップを用意しておく重要性ってこんなところにも活きてきまね。
例:サイトマップ、TOPページ

2.スキャン待ち

サイト内のURL一覧を取得したいときに役立つWEBサービスやサイト Sucuri SiteCheck

めっちゃ早くスキャンしちゃうので、パンも焼けません。

3.スキャン結果が表示されたら「Website Detail」タブをクリック

Sucuri SiteCheck Scanned

スキャン結果が表示されます。さて目的はURL一覧なので「Website details」タブをクリックして切り替えます。もしくは下側にある「List of URLS scanned」をクリックしてもOKだと思います。

(普通にスキャンソフトとしても良いサイトですよね。)

4.「List of Links Found」をクリック

サイト内のURL一覧を取得したいときに役立つWEBサービスやサイト Sucuri SiteCheck

最後に上から2番目の「List of Links Found」をクリックすれば、内部リンク一覧がフルパスURLで表示されます。

サイト内のURL一覧を取得したいときに役立つWEBサービスやサイト Sucuri SiteCheck

もちろんプレーンテキストなのでコピペ可能。めっちゃ助かりますよね。

一応他にもこんな方法があります

1.Website Explorer(Windows のみ対応のツールらしい)
http://www.umechando.com/webex/index.html

2.XMLサイトマップから頑張る

3.データベースから上手くエクスポートして頑張る

4.Googleウェブマスターツールの情報から頑張る

ぜひ、あくまでご参考までに。
以上。「サイト内のURL一覧を取得したいときに役立つサービス Sucuri SiteCheck」でした。