『honnoji』など収録の4作目「ZAZEN BOYS 4」(2008年作品)

『honnoji』など収録の4作目「ZAZEN BOYS 4」(2008年作品)

『honnoji』など収録の4作目「ZAZEN BOYS 4」(2008年作品)

ナンバーガールのヴォーカル兼ギタリストとして、そのカリスマっぷりを日本中に知らしめた向井秀徳さん。その向井秀徳がナンバーガールの活動休止後に始めたバンドが、このZAZEN BOYS(ザゼンボーイズ)です。メンバーは、向井秀徳(Vo./G)吉兼聡(G) 吉田一郎(B)松下敦(Dr)。

ZAZEN BOYSのスタジオアルバムは、2008年のこの「ZAZEN BOYS 4」までは、単純に通り番号を付けたアルバムタイトルになっています。「ZAZEN BOYS 4」は『Asobi』『Honnoji』という曲が有名で、ぼくもとても大好きな曲です。

Zazen Boys - Honnoji

『Honnoji』は文字通り、歴史上で有名な事件である「本能寺の変」にまつわる歌なのでしょう。「本能寺でずっとずっとずっとずっと待ってる」という歌詞。どの曲もこういったシンプルすぎる歌詞が、すごく好き。

『Idiot Funk』という曲もオモシロイです。「1,000年前からIdiot(=まぬけ)」ってw笑。そのほか、メロディアスな「Fureai」や「Sabaku」。以前にイントロがかっこいい曲特集でも紹介した「Taratine」など、いい曲揃いです。

「Asobi」「Sabaku」などで印象的なシンセサイザーも、この作品の特徴ですね。

Zazen Boys - Asobi

Zazen Boys - Taratine

「タラチネ!タラチネ!」

「うん、今日はもう寝る。じゃーん。」