ジャックス・マネキン) の最後の曲「Wrecking Ball Heart」

Jack’s Mannequin (ジャックス・マネキン) の最後の曲「Wrecking Ball Heart」

ジャックス・マネキン) の最後の曲「Wrecking Ball Heart」

Jack’s Mannequin (ジャックス・マネキン) が、バンドとして最後となる新曲「Wrecking Ball Heart」を発表しました。ジャックス・マネキンは、年内でのバンドの活動休止を公表していて、この「Wrecking Ball Heart」がジャックス・マネキン最後の曲となってしまいます。

Jack's Mannequin

アメリカでは2011年の3rdアルバム「People and Things」が全米9位にチャート入りするほどの人気を持っているバンドなので活動休止はすごく残念です。

今後フロントマンのアンドリュー・マクマホン(Andrew McMahon)は、アンドリュー・マクマホン個人名義で活動をしていくらしいです。

ジャックス・マネキン

ジャックス・マネキン) の最後の曲「Wrecking Ball Heart」

アンドリュー・マクマホン – ボーカル、ピアノ
ボビー・ロー・アンダーソン – ギター、バッキング・ヴォーカル
ジョナサン・サリヴァン - ベース
ジェイ・マクミラン - ドラムス

ピアノエモバンドのサムシング・コーポレイト(Smething Corporate)のフロントマンであったアンドリュー・マクマホンが、2004年頃に始めたソロプロジェクト。しかし、中心人物のアンドリュー・マクマホンが急性リンパ性白血病と診断されてしまう。アンドリュー完全に回復した2005年にデビューアルバム「Everything in Transit」をリリースし、アメリカ最高37位に輝いた。現在までに3枚のアルバムをリリースしたが、2012年をもってバンドの活動休止を発表した。