Bleed The Dream - Killer Inside (2007)

スクリーモバンド後期の正統派ロックサウンドに傾倒した作品 | Bleed The Dream / Killer Inside (2007)

Bleed The Dream / Killer Inside | スクリーモバンド後期の正統派ロックサウンドに傾倒した作品 (2007)

「これぞスクリーモ」という音楽をやってきて人気を誇ったスクリーモバンド Bleed The Dream のバンド後期の「Killer Inside」という作品。もはやスクリーモというよりはエモ寄りのオルタナティブ・ロックやハードコアといった内容の音楽です。ボーカルが入れ替わっているのもあってか、まるでまったく別のバンドのよう。Bleed The Dream の美しいスクリーモを聞きたい人はおそらくハマらなかったアルバムなのだろうが、僕はかなりこのアルバムは気にいっています。「Tell Someone Who Cares」や「Tongue Tied」なんかは、どこかセクシーな雰囲気もあっていい。ボーカルが高音で色っぽい歌い方するのよね。

Bleed The Dream - Tongue Tied

Bleed The Dream - Killer Inside