2004

ピコピコからアンビエント系のポストロックまで多彩な才能を発揮する、フロントマンのマシュー (Matthew Mehlan) 率いるインディー … 続きを読む Skeletons / I’m at the Top of the World (2004)

Force Of Nature、Nujabes、Fat Jon、Tsutchie の4人の気鋭トラックメイカーが集結して音楽を担当した200 … 続きを読む Samurai Champloo Music Record Playlist (2004)

デトロイトを拠点に活動するファンク、ソウルミュージックのシンガーソングライター、アンプ・フィドラー (Amp Fiddler) 。もともと1 … 続きを読む Amp Fiddlerソロデビュー作「Waltz of A Ghetto Fly」J Dillaも参加 (2004)

ドイツの首都ベルリンのハウス、ダンスミュージック・プロデューサー Phonique (フォニック) の2004年のデビューアルバム『Iden … 続きを読む Phonique – Identification (2004)

クオリティの高い、そしてストレートなハードコアを聴かせてくれたバンド Hand To Hand。そのフレンドリーなバンド名とは裏腹に、リフも … 続きを読む エモの名盤 Hand To Hand『A Perfect Way To Say Goodbye』(2004年作品)

サムライチャンプルーアニメ「サムライチャンプルー」のサウンドトラック「Samurai Champloo Music Record impre … 続きを読む Samurai Champloo Music Record impression (2004)

2014年2月11日に、新作アルバム『Brand New Love』の発売が控える、ベルギーのDieter Sermeusによるソロプロジェ … 続きを読む ベルギーのインディーポップ職人The Go Findデビュー盤『Miami』(2004)

これまた夏にピッタリなキラーチューン満載のアングラ・ヒップホップにおける名盤。シーンにおいて人気を誇ったクルー Time Machine の … 続きを読む アングラヒップホップの名盤 | Time Machine – Slow Your Roll (2004)

ジャパニーズ・エモの筆頭として2000年代を引っ張ってくれたOCEANLANE(オーシャン・レーン)の記念すべき一作目です。OCEANLAN … 続きを読む OCEANLANE / On my way back home (2004)

このアルバムは本当に名盤だよね。エモが好きなみなさん! 今ではこの手のバンドの番長的な存在となった英国ウェールズ出身のベテランバンド Fun … 続きを読む ポストハードコアの金字塔 Funeral For A Friend『Casually Dressed & Deep In Conversation』(2004)

  ぼくが洋楽で一番好きなバンド Lostprophets (ロストプロフェッツ)の世界中で大ヒットしたセカンド・アルバム。本作に … 続きを読む Lostprophets 世界で大ヒットのセカンドアルバム「Start Something」(2004)

トラックメーカー・ユニット The Sound Providers(ザ・サウンド・プロバイダーズ)の名作「An Evening With T … 続きを読む The Sound Providers / An Evening With The Sound Providers (2004)

Tags