秋に聴きたい曲ドゥルッティカラム名作『Ged』がオススメ

The Durutti Column / Ged (2008)

秋に聴きたい曲ドゥルッティカラム名作『Ged』がオススメ

The Durutti Column - Sunlight to Blue... Blue to Blackness (2008)

秋に聴きたい曲なら、ドゥルッティカラムの名作『Ged』が超オススメです!本当に心から癒されます。古いトンネルををくぐっているような、そんなノスタルジックな感覚になる名曲です。インスト楽曲で、かつ展開もそんなになく普遍的な5分間の曲なのですが、その素朴な楽曲構成がまた哀愁を漂わせます。侘び寂びってやつですね。アンビエントで古ぼけたアコースティックギターの音が最高です。そして天井を漂うようなエレアコがまた最高。普遍的なメロディーも美しいので、本当に何度聴いても飽きません。5分が短いくらいです。雨の日や就寝前に聴いても落ち着きそうですね。

The Durutti Column - Ged

この『Ged』という曲は、ドゥルッティ・コラムの2008年発売の『Sunlight To Blue...blue To Blackness』に収録。この『Sunlight To Blue...blue To Blackness』は、過去のアコースティック・ヴァージョンやライブ音源、未発表曲などレア音源を集めたアルバムなので、『Ged』以外にも注目すべき曲がたくさんです。実際、ぼくはこの『Sunlight To Blue...blue To Blackness』を最初に聴いてドゥルッティ・コラムが好きになりました。

ドゥルッティ・コラム (The Durutti Column) は、イングランド在住のヴィニ・ライリーによるソロ・プロジェクトです。

Tracklist

01. Glimpse - Aka 'Toast' - Little Acoustic Instrumental (Early Version Available Here For Download)
02. Contact - Instrumental Similar Intervals To Without Mercy With Strat And Acoustic
03. Messages - Aka 'Lazy' Acoustic Instrumental With Mouth Organ
04. Ged - Instrumental
05. Ananda - Beautiful Piano Piece Played By Poppy Morgan With Vini's Guitar.
06. Never Known Version - Great New Version Of The Lc Classic Track.
07. So Many Crumbs And Monkeys! - Vini Vocal With Some Words From Time Passing Backing Track And Electric Guitar.
08. Head Glue - Duet
09. Demo For Gathering Dust - From Idiot Savants Sessions - Different Version Of Track
10. Cup A Soup Romance - Classical Flamenco-Styled Instrumental (See Exclusive Scream City Issue)
11. Grief - Piano Solo Piece Reminiscent Of Without Mercy